赤ちゃんの爪が反り返るトラブル改善方法!爪切りは週何回?

Sponsored Link

赤ちゃんは、大人の爪よりもデリケートな事知っていましたか?

爪が伸びすぎてしまうと、赤ちゃんは自分や周りを傷つけてしまう恐れがあります。

また、爪が反り返る原因になる事もあります!

トラブルの改善方法は、適切な爪の長さと爪切り回数を知る必要があるのです。

ママが、赤ちゃんの爪のトラブルを回避してあげましょう!

赤ちゃんの爪はデリケート

赤ちゃんの爪は、大人よりとてもデリケートです!

赤ちゃんの爪は…

  • 大人の爪の3分の2程の厚さ
  • 大人の爪の3分の2程の大きさ

とても柔らかくて、小さい赤ちゃんの爪は、頻繁にお手入れしてあげる必要があります!

baby

出典:s.eximg.jp

赤ちゃんに多い爪のトラブル

スプーンネイル

爪が柔らかい赤ちゃんが、ハイハイをしたり歩いたりすると

爪の外側に負担が掛かり、爪の外側が反り返ってしまう状態です。

割れる・裂ける

爪が柔らかいので、物に手や足をぶつけて

爪が割れたり、裂けたりしてしまう状態です。

爪噛み

指しゃぶりをしているうちに、伸びた爪を噛んでしまう状態です。

赤ちゃんの爪は伸びるのが早い!

1日に伸びる爪の長さ

■大人の場合■

  • 手の爪⇒0.1㎜/日
  • 足の爪⇒0.05~0.08㎜/日

赤ちゃんの場合■

  • 手の爪⇒0.2㎜/日
  • 足の爪⇒0.1㎜~0.16㎜/日

赤ちゃんの爪は、大人の爪の倍程の速さで伸びるのです!

新陳代謝がとてつもなく良い赤ちゃんは、全細胞の成長が驚くほど速いのです!

爪が伸びている事に気付かなければ、赤ちゃんが自分の爪で顔などに傷を作ってしまう恐れもあるので危険です!!!

爪切りは何日に1回?

Sponsored Link

爪の伸びる速度が早い赤ちゃんは、爪切りの頻度も多くなります!

爪切りの頻度

3日~5日に1

週/1回~2

3日~5日に1回程のペースで行うのが良いと言われています。

新陳代謝が高い赤ちゃんは、週に2回程爪切りを行う事になりそうですね!

nailcut

出典:kosodatelabo.net

爪の切り方3箇条!

  1. 【寝ている時に】
  2. 【爪切りハサミで】
  3. 【角を丸く切る】

これらの3か条が、赤ちゃんの爪を切る上で大前提です!

1.寝ている時に!

赤ちゃんの動きは予想がつきません。

ハサミを持っている時に、赤ちゃんが暴れてしまったら大事故になりかねません!

爪切りは、赤ちゃんが寝ている時に行いましょう!^-^

出典:あ

2.爪切りハサミで!

まず爪切りには『テコ型』『ハサミ型』2種類あります。

赤ちゃんの爪は小さく、柔らかいので、テコ型の衝撃で爪が裂けてしまったり、深爪をしてしまう恐れがあります。

また、角を丸く切ってあげる必要があるので、ハサミ型がおススメです!

■テコ型■
1歳~2歳で爪が厚くなったら『テコ型』使用可能

teko

出典:warauakachan.com

■ハサミ型■
6ヶ月程で手が大きくなったら『長い刃のハサミ型』を使用可能

nailcut

出典:kosodatelabo.net

3.角を丸く切る!

角を残してしまうと、赤ちゃんが自分の爪で顔などに傷を作ってしまう恐れもあるので危険です!!!

綺麗に角を丸く切ってあげましょう^-^

NG Point!

お風呂上りNG

赤ちゃんの爪は元々とても柔らかいのです。

そんな柔らかい爪がもっと柔らかくなったお風呂上りの時に

赤ちゃんの爪を切ってしまうと、割れたり、裂けてしまう可能性が高いです!

赤ちゃんのお風呂上り爪きり不向きです!

深爪を恐れる事NG

深爪はダメだと思って、爪の白い部分を長く残す方も多いと思います。

しかし、それは逆効果!爪が裂けてしまう原因になる可能性が高いです!

爪の白い部分が見えるか、見えないか位まで切っても深爪の心配は無いです!

まとめ

赤ちゃんの爪は、大人よりもデリケートなのは当然ですが

大人の倍の速度で、爪が伸びる事を知っていましたか?

その為、頻繁に爪切りを行う必要があります。

爪切りの頻度を知る事で、赤ちゃんの爪トラブルを未然に回避することが出来ます!

爪で顔を傷つけないように、赤ちゃんの手や足にグローブを付けるお母さんもいらっしゃいますが

赤ちゃんは、手や足からの刺激がとても重要なので、グローブはあまり付けずに

頻繁に爪のお手入れを行うようにしましょう!

健やかな、ネイルライフを!
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


Facebookページも見てね

コメントを残す