爪の黒い線の原因は?病気やメラノーマかホクロの判断基準は?

Sponsored Link

に出来きる黒い線原因はどのような物でしょうか?

良くホクロの一種だという説明もあります

しかし、日に日に黒い線が大きくなり爪半分を覆う程になる場合もあります

これは、もしかすると何らかの病気メラノーマのサインかもしれません…

しっかりと原因を知り、適切な対処をしましょう

爪のサイン

爪は「健康を表す指針」だと良く言われます

それは、身体の異常が爪に顕著に出るからです

爪の黒い線も体の異常を表している、サインかもしれません

爪の黒い線

時に、爪の根元から黒い縦線が現れる事があります

黒い線には様々な原因があります

ホクロ・外傷

ホクロによるもの

・衝撃によるあざ

身体のトラブル

貧血ホルモンバランスの崩れ

・副腎の病気などの代謝性疾患

老化現象

メラノーマ

メラノーマとは悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚ガンです

メラノーマは癌の中でも転移の頻度が高いことから死亡率の高い癌とも言われます

メラノーマである可能性を疑うには次のような状況が考えられます

まず、

黒線の症状が、一つの爪にだけ現れる時

つぎに、

爪の黒い線の幅が、日を追うごとに、大きくなっていく時

そして、

爪だけではなく根元や指先の皮膚にまで、黒く色素沈着が現れた時

メラノーマ

出典:www.niigata-cc.jp

爪のメラノーマは40代以降に発症しますので

爪の黒い線が、40代以降に現れた場合は注意が必要となります!

年代での症状の違い

Sponsored Link

新生児・幼児期

この頃に出来た、爪の黒い線については、一時的に広がる可能性はありますが

その全てが思春期頃までに自然消失する事が多く心配はいりません

この場合は、ほとんどが爪のホクロです

成人期

直線状の色素沈着が淡く、輪郭がぼんやりしていれば、

ホクロあざなどの色素性母斑が原因の可能性が高く、そのまま放置して大丈夫です

20歳以降・特に中高齢期

色素線条が爪の表面を越えて皮膚の部分にまで及んでいる状態であれば

メラノーマ(悪性黒色腫)かもしれません

こんな症状には気を付けて!

・横幅が6センチ以上

・黒い線が何本も出来る

・皮膚にも黒い色素沈着

・黒褐色の色調に不規則な濃淡がみられるか真黒色

・40歳以降に爪の黒い線が発症

メラノーマの症状例 閲覧注意してください

出典:sogahifuka.com

対処法

爪の黒い縦線が現れたら、まずは皮膚科を受診しましょう

受診してみて、病気でないとの確証をもらっておく事が大切です!

皮膚ガンであるメラノーマは、転移の頻度が高く死亡率の高い癌と言われています

突如として爪に現れる、黒い線がメラノーマだとすれば、早急な治療が必要となります

健やかな、ネイルライフを!
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


Facebookページも見てね

コメントを残す