足の小指の爪がないのは病気?爪がなくなると歩けなくなるって本当?

Sponsored Link

足の指は、親指から小指にかけて小さくなりますよね?

それと同じく足の爪も親指から小指にかけて小さくなります

そして、気づいたら小指の爪がない?!という経験はありませんか?

足の爪がなくなる原因は何でしょうか?改善方法はあるのでしょうか?

足の爪がなくなる?!

足の爪が(特に小指の爪)無い方、足の爪が小さくなってきている方

結構いらっしゃるのではないでしょうか?

足の小指が無い

出典:mimominryouma.up

原因

足の爪が無くなってしまう原因は、いくつかあげられます

あなたの、原因はこのどれかに当てはまりますか?

年齢を重ねるにつれて、若い時よりも代謝が悪くなり

爪が生え変わる事が難しくなっていきますので

早めに原因と改善方を確認しておく事が重要になります!

外部からの圧迫

仕事等で、爪先を圧迫するような靴(ハイヒール等)を履いていると

爪が圧迫されて、小さくなったり無くなりやすいと言います

冷え性

血行不良だと、爪の成長に必要な栄養素や酸素が行きわたらず

栄養素が不足し、爪が成長しない事も考えられます

遺伝

足の小指の爪が、無くなってしまう状況は

遺伝性である可能性も高いみたいです…

あなたの家族の爪は、似ていますか?

改善策

正しい靴選び

外部からの圧迫によって、爪の成長が妨げられている場合もあります

・親指・小指どちらも動かせる位の余裕がある靴を選びましょう!

・ヒールの高さを少し低くしよう!

・爪先に専用クッションを入れてみよう!

冷え性改善

血液から栄養分や酸素を取り入れて、爪は成長します

・血液循環の為に、マッサージをしましょう!

・積極的に足を温めましょう!

小指の爪が無いように見えるだけ?!

爪が無くなっているように見えるだけで

実は!爪の上から角質が、覆い被っているだけかもしれません!

 

足の小指の爪は靴にも当たりやすいので、外部から加わる圧迫から、爪を守る為に

足の小指にはタコや角質が溜まりやすくなってしまいます…

 

角質が溜まる事で、皮膚が硬化しやすいので、

きちんと足のケアをしないと、足の小指の爪はいらない角質に埋もれてしまいます!

足の爪こそ…

保湿をしましょう!

足の爪なんて、保湿する意味あるの?!と思われる方も多いのでは?

しかし!足の爪と同時に指先の皮膚を保湿していく事で、足や爪先のトラブルも減ります!

ケアをしましょう!

時には、ネイルサロン等で足の爪をケアしてもらうのもいいかもしれません!

小指は、角質だけでなく余分な「甘皮」もあります!

「角質・甘皮」のケアをするだけでも、見た目からかなり綺麗な足先になりますよ!

まとめ

・爪先に負担のかかる靴は控えましょう!

・冷え性は、爪の成長を妨げる可能性があります!

・足や爪先の「角質・甘皮」ケアを行いましょう!

これから、サンダル等を沢山はく夏の季節が到来します!

爪が完全に生え変わるのに、最低6ヶ月程はかかるでしょう…

根気強くケアを行う事が必要となりますが、一度爪を取り戻せばケアを続けるだけです!

足や爪先のケアを行い、隠すのではなく積極的に出せるような、足先を目指しましょう!


Facebookページも見てね

コメントを残す